ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

簡単な仕事ばかりさせられるのは自分の印象から来ている

20代の頃、工事現場の防水の職人をしていた。そこでは部長、課長といった役職はなく、職人としての腕前だけが周囲に認めてもらえる条件だった。
その仕事でもっとも技術がいるのが、最後の仕上げの作業だ。つまり仕上げを任せてもらえるかどうかが一人前の職人として認めてもらえるかどうかの判断基準になっていた。
私は早く仕上げを任せてもらいたい一心で頑張り、仕上げの一歩手前の仕事で、そこそこ認められるようになった。
しかし、その仕事ばかりの毎日が続いた。それに対して同じ時期に入った人達は、どんどん仕上げを任せてもらえるようになっていった。私は待ち続けた。「そのうち俺にも仕上げが任せてもらえるようになるだろう」と思った。しかし現実はそんなに甘いものではなく、何年も待ち続けることになった。
そのうち、後輩たちが先に仕上げを任せてもらえるようになっていった。もう我慢出来なくなった。「なぜ自分は頑張っているのに後輩に先を越されるんだ」そう思い悩むうちにある被害妄想がでてきた。
「仕上げをさせてもらえないのは自分にセンスがないからではない。逆にセンスがありすぎるからだ。だから俺に仕上げを任せたら先輩たちを技術で追い抜かす恐れがあるから、先輩たちはチャンスを与えてくれないのだ」と思うようになった。
事実、その仕上げの一歩手前の仕事ばかりしていた私はその仕事で周囲から大きく認めてもらっていた。だから、「仕上げがさせてもらえないのは、その一歩手前の仕事で俺の評価が高いからだ」とも思った。
この気持ちが抑えられなくなった時に、仲良くなった先輩に気持ちをぶつけた。「なぜ後輩にチャンスが与えられて僕にチャンスが与えられないんですか?」「それはお前よりもそいつが出来るからだ」とても腹が立った。
先輩に「良く考えろ。人のせいにするな」と言われ考えた。良く考えてみると、まったくチャンスがなかったわけではないことに気付いた。
とても少ないチャンスだが仕上げをさせてもらえる機会はあった。そのチャンスの時に私は上手く出来なかった。
職人の仕事は先輩の技術を見て盗まなければならなかった。それが出来なかったのだ。
しかし、私はそんなことは認めたくなかった。つまり、自分が悪いのではなく、人が悪いから、自分の能力が不足しているのではなく、逆に才能が大きくて周囲が嫉妬しているからと勝手なことを考えるようになった。そのような考えになるほど、後輩に先を越されたストレスは大きかった。
ずっと同じ仕事ばかりさせられるのは、誰かのせいにしたくなる。自分がその仕事で評価が高すぎるからと思いたくなる。しかし、結局は自分の印象から来ていると知った。後輩に先にチャンスが与えられたのは後輩の方が私よりも印象が良かったからだ。

勝負には恐怖心がつきものだから成長出来る

健康食品の営業の仕事をしていた時の事。そこはお客さんを会場に集めて、お勧めの商品を紹介して、注文を取る会社だった。そこでは多くの注文が取れれば取れるほど給料が多くなった。
なので、注文をしてくれそうなお客さんに、いかに早く近づくかが勝敗を分けていた。
そして簡単に注文してくれるお客さんから注文を取り、最後の最後まであきらめずに、悩んでいる人の背中を押すことも大事だった。
しかし焦ると逆に注文が取れなくなることも多かった。焦ると売りたいという気持ちが前に出すぎてしまうからだ。商品がどんなにいい物であっても、売りたい気持ちが前に出ているとお客さんは気持ちが遠ざかってしまう。自分が注文を取りたいから勧めるのでなく、あくまでもお客さんのためを思って勧めることが大事だった。
お客さんは自分の数字のために勧めてくる営業マンよりもお客さんのためを思って勧めてくれる営業マンに心を開くものだからだ。ちなみにお客さんには、私たちには個人成績はないといっていた。しかし、裏では個人成績が存在していた。注文を取るたびに注文ノートの担当者の欄に自分の名前を書き、そして最後のミーティングで店長から褒められる人もいれば、怒られる人もいてた。だから認められたい一心でお客さんに商品を勧めた。 
入社して最初の頃は多くの空回りを経験した。もうちょっとで注文してくれそうな人に、「後でなく今すぐに注文して下さい」と急がした時、「慌てる乞食はもらいが少ないよ」と言われ、しばらくした後に違う営業マンに注文をされたこともあった。そういう苦い経験を何度も積むことにより、お客さんを前にしても焦りを表に出すことをしなくなった。 
もちろん心の中では焦りはあった。ノルマがあるからだ。しかしノルマというものはお客さんには関係がないことだ。上手い営業マンは売りたいという匂いを消すのが上手かった。世間話をしている感じでお客さんとコミュニケーションを取り、心を開かせて、ここぞと言う時にしっかりと商品を勧めて注文を取っていた。自分もそうなりたいと思った。 
そんな中で一人の新入社員が入ってきた。彼はとても声が大きく、元気でガッツがあった。とても負けず嫌いな性格でどんどん私たち先輩の営業成績に近づいてきた。彼は勝負好きだった。
彼は営業成績で私に勝負を挑んできた。先輩として後輩に勝負を挑まれると断りにくい。だから受けたのだが、プレッシャーが大きくのしかかって、売りたいという気持ちがいつも以上に前に出てしまい空回りをした。ある日から彼との勝負を避けるようになった。理由は勝負をすると焦るから。焦るといい仕事が出来ないからだと説明した。
彼はそれでも違う先輩に勝負を挑んでいた。しばらくして、彼が大きく成長をしていることに気付いた。勝負のプレッシャーが彼を強くしている。彼はどんなお客さんにも動じずに堂々としていた。自信が体中にみなぎっていた。彼は出世して店長になった。
それに比べて私はどうだ。個人成績の存在に大きなプレッシャーを感じて、いつもびくびくしているように思い情けなくなった。

望む仕事が与えられないと言う愚痴は評価をぐっと下げる

 組織の中で働いていると、自分の望む仕事ばかりが与えられることは、なかなかないだろう。しかし、頭の中では分かってはいるのだが、不本意な仕事ばかりが与えられると大きなストレスを感じることがある。
 そんな時に気を付けた方がいいと思うことに気付いた食品スーパーでの出来事だ。
 食品スーパーでのアルバイトの時給は品だし(商品の補充)よりも、レジの方が高く設定されている所が多いのだが、私が勤めているスーパーでは同じだった。時給の差は仕事内容ではなく総合的な判断でされていた。
 なので、パートさんの中には、レジはお客様からのクレームを真っ先に聞かなければいけなかったり、お金を扱うということで神経をすり減らすことから敬遠されがちだった。
 ある日、一人のパートさんが。レジでの打ち間違いや、お客様とのトラブルが重なったため、一旦レジの仕事から離れて品出しを中心にしてもらうことになった。
 そのために他のパートさんの仕事がレジ中心になった。仕事の分担上、仕方がないことなのだが、これに対して一人のパートさんが愚痴をこぼした。
「もう、あの人のせいで私、ここのところずっとレジばかりですよ」
 仕事の割り振りをしている社員である私に「品出しもさせてほしい」と言う要望だった。その気持ちは分かるのだが、全員の仕事内容の希望を聞いていられない。だから私はこのパートさんの愚痴にこう答えた。
「○○さんはレジを任せていて安心なんですよ。金額の違算もめったにないし、お客様の対応も良いし、つまり出来る人だからレジをしてもらってるんですよ」
 これに対してパートさんはあることを口走った。
「ある意味、出来ないと思われた方が得ですね」確かにその通りだと思った。パートさんが言う通り、出来ない人には仕事を頼まない。不本意な仕事をさせられたくなければ、出来ないふりをした方が得策という発想が生まれることも分からなくもない。
 しかし、その考えた方を人に言うことは自分の評価を落とすと思った。
なので、「それは駄目でしょ?」と言ってあげた。私の言葉にパートさんは「まあ、そんなことはしませんけどね」と、笑いながら冗談っぽくすませた。
 このパートさんの「ずっと同じ仕事ばかりさせられている」というストレスは理解が出来る。その仕事しか出来ないと思われるのではないか、その仕事しか出来なくなるのではないかと不安な気持ちになるからだ。
 だからといって、その不満を口に出したらどうなるのか?「それじゃ、やってみる?」と望む仕事が与えられることもあるだろう。しかし、「自分勝手な人」「我慢出来ない人」として評価が下がることの方が多いだろう。