ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

仕事に誇りをもてない人に、「いい仕事ですね」は嫌みに聞こえることがある

学生時代。新聞の配達所に住み込みで2年間働いた。仕事内容は、配達、集金、そして勧誘だった。
その中でも苦手だったのが勧誘の仕事だった。簡単ではなかった。話すら聞いてもらえないことが多かった。
2年間働いた中で、契約が取れたのは数えるほどだったと思う。そんな中で印象に残っているのは、年配の女性のお客様。「若いのに大変ね。学生さん?」そこで私は、新聞社から奨学金をもらい住み込みで働き、学校に通っていることを言うと「偉いね。応援してあげる」と言って契約してもらえた。人の温かさを感じた。
また、新聞の勧誘を専門にやっているプロの拡張員を案内することも私の大事な仕事だった。毎日配達をしている私は、ここは新聞をとっている、ここはまだとっていない、ここは以前に他社の新聞に乗り換えられたということを知っている。それを教えて案内する仕事だった。
私が、怖くて仕方がない訪問をなんの躊躇もなくどんどんやっていく拡張員を見て、さすがプロだと思った。
ある日、仲良くなった拡張員のおじさんがいつもと違う白い車に乗ってきた。新車で買ったそうだ。いい車だと思った。ここは褒めて機嫌を良くしてもらおうと思った。
「いい車ですね。凄いですね。拡張員って儲かるんですね。拡張員っていい仕事ですね」と言った。褒めたつもりだった。
しかしおじさんはこの言葉に激怒した。「お前、馬鹿にしてるのか?俺がどれだけ頑張ってこの車を買ったのか分かっているのか?」急に怒られて訳が分からなかった。
「え?いい仕事だと思っただけなのに、なんで怒られなきゃいけないのですか?」そう言うと「お前はまだ学生で社会人でないから、これぐらいで許してやってるけど、お前が社会人だったら、俺は手が出ているだろうな。お前のその言葉は人の仕事を馬鹿にしてるんだよ」と言った。
私は誤解を解こうと必死になった。「馬鹿になんてしてません。近くで仕事を見ているから大変さを知ってるし、いい仕事だと思ってるんですよ」
おじさんは、あきれたような表情で「そのうち分かる」と切り捨てた。
後で考えると私の「いい仕事ですね」と言う言葉は、おじさんには不適切だった。
いい仕事かどうかの感じ方は人それぞれだ。新聞拡張員には、その仕事に誇りを持ってやっている人もいれば、そうでない人もいることを知った。
誇りをもってやっている人は「この仕事は簡単そうに見えるけれど、営業の基本が全てつまっている」と自慢げに語っていた。
しかし、中には「俺達は社会から嫌われてるから」「こんな仕事しか俺はできないから」と自分の仕事に誇りをもてない言葉を口にする人もいた。
私は新聞拡張員が誇りを持てない仕事だとは思わない。しっかり説明して気持ちで契約を取ってくることに誇りを持ってやっている人を多く見てきたからだ。
仕事に誇りを持てるかどうかは職種ではなく本人次第だ。他人が、いい仕事だと思っていても本人はそう思っていないこともある。
素直な気持ちを言っただけの学生に、大人であるおじさんが怒るのは大人げない行為だと思う。
しかし、感情をぶつけられたことで、「いい仕事ですね」の言葉が人によっては傷つける言葉になることも知った。

もう諦めた方がいいと気付くかどうかは、いかに他人目線で自分を見つめられるかによる

大好きだった彼女に振られた。理由は彼女が憧れだった職場の先輩と付き合うことになったからだ。最初はこのことが信じられず、どうにかして彼女の気持ちを取り戻そうと努力をした。
最後に会った時、「もう連絡をしてこないでほしい」と言われたが諦めきれずに連絡をした。
「もう一度だけチャンスを下さい」とお願いしたり、「あなた無しでは生きられない」と同情をひこうとしたり、「あなたを好きな気持ちは誰にも負けない」とアピールしたり、「あなたのためならどんなことでも頑張れる」と決意を見せたりと、あらゆる角度からメールをした。
なぜなら一度は本気で愛し合った相手であり、気持ちが少しは残っているだろうと思ったからだ。1%でも復縁の可能性があるのならやるだけのことをして自分で納得したかったのだ。
自分の本気をぶつければ、きっと彼女は私以上に愛してくれる男はいないことを分かってくれるはずだ。そうすればきっと考え直してくれるはずだと思ったからだ。しかし彼女は私からのメールにほとんど返信してこなくなった。返信してきても、「もう終わったことだから諦めてください」という内容になった。
そんな状態だったため、仕事にも身が入らずに頭の中はどうすれば彼女が自分のことを分かってくれるのかという気持ちだけで一杯になっていた。
職場の同僚達はそんな私を見て、「いい加減に諦めた方がいい」と言ってくれた。同僚達がそう言ってくれるのは私のことを心配してのことだが「お前たちに俺の何が分かる」と言う気持ちになっていた。こうなったら彼女の職場で待ち伏せをしようかとも思った。
そんな心理状態でいてたある日の朝。散歩をしていると、目の前に30代ぐらいの女性が歩いているのが見えた。すると、いきなりトラックが前に止まり、50代ぐらいの男性が降りてきた。そして、男性は女性に近づき、腕を掴んで引っ張った。女性は「いやー、助けてー」と叫んだ。
いきなりの事で目の前で起こっている出来事が理解出来なかった。しかし、周りに人がいなかった。私が助けなければこの女性は男性に連れて行かれると思った。勇気を出して、男性に近づき「何をしているのですか?」と声をかけた。すると男性は「ほっといて下さい。私たちは夫婦ですから」と返した。この言葉に私は一瞬ひるんだ。夫婦喧嘩に他人である私が首を突っ込んでいいものかと思ったからだ。
しかし、女性に「本当に夫婦ですか?」と聞いてみた。すると「以前に夫婦でしたが今は別れて他人です」と返ってきた。その後も、男性はしつこく女性の腕を引っ張っていた。
私が「嫌がっているのでやめてあげて下さい」と言うと男性は「こっちには話があるんです」と返してきた。
「何の話か分かりませんが、ここで話をしたらいいじゃないですか?何も腕を引っ張って連れていくことはないでしょ?」と言う私に男性は「彼女が話に応じてくれないんです」と言った後、女性に「ほら、お前が話を聞いてくれないから変に思われてるだろ?」と言った。
これに女性は「もう充分に話したじゃないですか?もう付きまとわないでください」と言った。
ここで状況が想像出来た。男性は別れた妻に未練があって話がしたいと思ったのだ。しかし女性にはもう気持ちがないのだ。はたから見ていて男性が何を話してもよりを戻すのは無理だと言うのは火を見るよりも明らかだ。
しかし、他人である私がはっきりと無理と言っていいものか?と言うよりも1%の可能性にかける男性の気持ちが痛いほどその当時分かっていた。
その時、一人のおばあさんが近づいた。おばあさんは「お兄さん、恥ずかしいからやめときなさい」と男性に語りかけた。
「女性は気持ちが離れたらもうおしまいなんだよ。もう終わったことなんだよ。もう元に戻れないことなんだよ。やり直すのは無理なんだよ。無理なのを受け入れることは人生で大事なことなんだよ。彼女はもう手の届かないところにいるんだよ」
男性はおばあさんの話を聞いて帰って行った。なんだか自分のこれからの姿を見ているようで、ここで目を覚まさなければいけないと思った。

人はやらされて動く仕事を損な役回りだと感じる

食品スーパーの社員である私は、アルバイト、パートに指示を出す立場だ。ある日の事、パートさんのレジの金額が合わないことを指摘した。するとパートさんは「え?なんで?あんなに注意してレジをしたのにミスをするなんて、原因は分からない」と言ってきた。少額のレジ違算は原因が特定しにくいものだ。しかしこのパートさんは最近レジ違算が多くなってきていた、それは本人も気にしているようだった。だから「私をレジから外すことは出来ないんですか?」と言ってきた。「どうしてですか?」と聞くと、「レジに入るとミスをしてしまうから」と返ってきた。
アルバイト、パートの仕事はレジ以外にも品出し(商品を売り場に出す仕事)がある。
パートさんはレジでなく品出しの仕事に変えてほしいと言っている。しかし、限られた人員で、みんなの、あれがしたい、これがしたいと言う要望を全て聞き入れる訳にはいかなかった。パートさんもそこは分かっているようで「レジが嫌なんじゃなく、レジばかりさせられているのが嫌なんです」と言ってきた。
同じことばかりさせられると、都合のいいように使われているのかも?自分は活かされていないんじゃないか?と不満に思う心理が働くのだろう。気持ちは分かる。
なぜなら私も工事現場で職人をしていた時、ずっと同じことばかりさせられて腕が上達しなかったのに対して、周りはどんどん違う役割を与えられて腕がどんどん上達しているのを見て、自分が活かされていないと感じて辞めたことがあるからだ。
だからパートさんには「検討します」と言うことで話は終わった。その後、このことについて考えた。アルバイト、パートの愚痴で「レジばかりさせられている」と言うのは良く聞くのだが「品出しばかりさせられている」と言うのはめったに聞かなかった。これはどういうことか?なんとなく品出しよりもレジの方が損な役回りだと思われているようだ。 
原因は、レジはその場所から動くことは出来ない。次から次に来られるお客さんの商品をレジに通し、お金を受け取る。その繰り返しだ。それに対して品出しはまだ自由に動くことが出来る。自分で考えて動くことが出来る。自分の都合で一息つくことも出来る。そう考えると、どちらかと言えば品出しよりもレジの方がやらされて動いていると感じる心理が働くからだろう。
人はやらされて動く仕事よりも自分が考えて動く仕事の方にやりがいを感じるものだ。
なぜそう思うのか?それは私もそういうタイプだからだ。7回以上転職を繰り返してきたが、その転職の大きな理由は自分が損な役回りをさせられていると感じたからだった。
仕事をする大きな意味は生きるため。しかしそれ以外に自分を成長させるためという考えがある。同じことばかりを指示されて自分の成長を感じる事が出来ないストレス。それを散々味わってきた。しかし、いざ他人からそういった不満をぶつけられた時に「みんなの要望を聞くわけにはいかない」と突き放したくなる。
みんなの要望は聞けないのは事実としてあるが、損な役回りと従業員が感じることも事実としてあることを知らなければいけない。そこを上手くバランスを取らないと組織のモチベーションは保たれないと思った。