ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

同じ給料で仕事量が多いのは大変ではあるものの居場所は広く確保出来る

「私はこれだけ仕事をしているのに、どうしてもっと給料が貰えないのだろう?」と疑問を持つことがある。
 出来高制の仕事ではなく、決められた給料で働いている時は特に周囲と自分を比べて納得がいかないことにストレスを感じることがある。
 とても繁盛している店に配属になったことがある。そこで体力に自信があった私は、どんどん仕事を任せてもらえるようになった。
 最初はそこにやりがいを感じていたのだが、しばらくすると、どうにも納得のいかない気持ちを感じるようになった。
 それは、同じ店に私よりも仕事量が少なく、のんびりしている先輩がいたからだ。
 頻繁に煙草休憩に行くので、その分、私に仕事が回ってきて、まるでその人を楽させるために自分は頑張っているのかな?と思うようになった。
 しかも、相手は先輩なので、言いたいことをぐっと我慢する毎日が続いた。
店長も、その先輩がのんびりしていることを知っているため、多くの仕事をその人に与えることをしなかった。
それでも、頑張っていこうと思ったのは、いつかは評価されて給料に反映されるだろうという期待があったからだった。
 しかし、その期待通りの待遇にならなかった。入社して数年経ち、確かに給料は多少上がったが、それ以上に不満を持つようになった。
 それは、のんびりしている先輩だけに対する不満ではなく、会社そのものに対する不満だった。数年、同じ会社に居ていると周囲の待遇が見えるようになったからだ。
 他の店はそれほど忙しくないのに同じ給料を貰っていると、周囲と自分を常に見比べて不満を持つようになった。
 ある日のこと、一人のアルバイトが愚痴をこぼしてきた。同じアルバイトなのに手を抜く人と頑張っている人がいる。なのに、同じ時給なのはおかしいというものだった。
 だからといって、時給を簡単に上げられるものではなかった。ギリギリの人件費の中では考慮できる時給の差は大きいものではないからだ。
 すると、アルバイトは、「頑張らない人の方が得をしますよね」と言ってきた。それを言ったらおしまいだと思った。
 仕事をしに来ている以上は、一人一人に最大限、頑張ってもらわないと、ただでさえ人手が足りないのにさらに人手が足りなくなるからだ。
 さらに、頑張らない人が増えると全員のやる気にも影響が出るだろう。だから注意したら、「冗談です」と笑ってすまされた。
 その後、自分はどうなのだろうと考えた。私はアルバイトと違って時給ではなく月給だけれども、あらかじめ決められた給料で働くということでは同じだと思った。
 口には出さなかったものの、「頑張らない方が得なのではないか?」と思うようになっていた。しかし、口に出さなくてよかったと思った。
 なぜなら、実際にそれを口に出したアルバイトと話をして、「なんて自分勝手な人間なんだ」と思ったからだ。私も、同じようなことを上司に言ったら、上司にそう思われただろう。 
 さらにやる気を失い、自分の成長にもつながらなくなっただろう。
頑張った分だけ給料が欲しいのであれば出来高制の会社に行くべきなのだろう。
 そうしないのは、自分の中に、決められた給料が欲しいという気持ちがあるからだ。決められた給料をもらえるのはありがたいことだ。
「自分はこんなに頑張っているのに頑張っていない人と同じ扱いなのはおかしい」と思えば思うほどストレスを感じる。
 しかし、給料は決められているのだ。頑張っている人には仕事が増える。それは大変なのだが、居場所は広く確保出来る。周囲から認めてもらえて自尊心も満足出来る。同じ給料でも頑張っている人の方が生き生きとした感じを周囲に与えることが出来るからだ。

最も多くを知る人は最も的確なアドバイスが出来る

賃貸の不動産の営業の会社に勤めだしたときの事。毎日毎日、空き物件を確認するように指示された。実際に見に行くことで、どんな物件かを肌で感じることが出来るからだ。そんな会社で、とても営業成績の良い先輩と同じ営業所になった。先輩はとても話の持って行き方が上手かった。
お客さんは安くて、駅が近くて、広くて、綺麗で、新しくて、と理想を胸に来店されるのだが、ほとんどの場合、現実よりも理想の方が高かった。そのため、多くの営業マンは、数多くの物件を見せて、まずは現実を知ってもらい、その中で出来るだけの妥協点を探りながら、営業をしていかなければいけなかった。
数多くを見せることでお客さんは多くの中から選ぶことが出来るのだが、とても時間がかかる営業スタイルだった。しかし先輩の営業スタイルは違った。他の営業マンよりも、お客さんに見せる物件の数はとても少なかった。先輩は最初からお客さんの要望を見抜き、これだという物件を押していた。さらにその理由を説明するのが上手かった。先輩はこれを、はめ込み営業と言っていた。お客さんに多くの物件の中から選んでもらう営業スタイルか?先輩のように、これだという物件だけを押すスタイルか?どっちの営業スタイルが私にはいいのかを考えた。
その結果、はめ込み営業をする先輩をお手本にしようと思った。理由は契約までの流れが早いからだ。それからというもの、先輩のトークを盗み聞きして、話の持って行き方を真似た。しかし、なかなか思うように注文は取れなかった。そんな私を先輩は心配してくれた。
「最近、物件の確認に行ってないんじゃないか?」私は「全部を見るのは不可能だし。時間がいくらあっても足りません」「それなら自分が知っている範囲内でお客さんを納得させるように営業力を高める方がいいと思いますけど」と反論した。
そんな私に先輩は「不動産の営業の世界で一番注文を取る人間ってどういう人間か知ってるか?」その質問に「先輩のように話の持って行き方が上手い人ですよね?」と答えた。先輩は「それは違う。最も注文を取れる人は最も物件を良く知る人だ」私はこの言葉を聞いて疑問に思った。なぜなら先輩はあまり物件の確認をしないからだった。そんな私の疑問に答えてくれた。
「実は俺がしている営業スタイルは新人にはあまりお勧めできない。俺が出来ているのは今までの知識の積み重ねがあるからだ。新人はまずは多くを知ることが大事なんだ。それをせずに少ない知識で注文が取れるようになると、学びたいと言う気持ちがなくなる。はめ込み営業は、はめ込む物件があって初めて成り立つ。それがないと成り立たない。さらに本当はもっと、いい物件があるはずなのに探さないというのは不親切なんだ。最も的確なアドバイスというものは、最も多くを知る人にしかできない」
先輩の言葉で目が覚めた。私は、簡単に口先だけで注文をとるにはどうしたらいいか?そんなことばかりを考えていた。そして本当にお客さんが求めているものを考えていなかった。

「それって何の意味があるの?」と思う指示の中にチャンスが隠れている

会社勤めをしていると上司から、「それって何の意味があるのか?」と首をかしげたくなるような指示をされることがある。勤め先の食品スーパーでは、そのようなことが多々ある。そのうちの一つにお客様アンケートというものがあった。お客様の任意で、なにかのご意見があれば書いてもらいアンケートボックスに入れてもらうものだ。
そのアンケートにお客様が思う一番輝いているスタッフの名前を1名書いてくださいという欄が増えた。本部の上司が考えたらしい。理由はこれからどんどん近隣に競合のスーパーが出店してくるだろう。すると限られたお客さんの奪い合いになる。安さで今までは勝負が出来た。しかし、周りのスーパーもどんどん安く販売するようになった。これからは安さだけでは勝負が出来ない。いかに安さ以外の付加価値で勝負できるかが大事な課題だった。その付加価値の一つに従業員の接客能力の向上というものがあった。
そのためにお客様アンケートで自分の名前が多く書かれるようにみんな努力しなさいというのが趣旨だった。しかし、私は心の中で「それって何の意味があるのか?」と思った。本部の上司は現場を知らない。日々山のような仕事がある中で、そのようなことをしている暇なんてない。次から次にやってくる日常業務をこなさないと終わるものも終わらない。時間に追われる毎日だった。お客様アンケートなんかは後回しにした方がいいと思った。 
他の従業員も同じ考えだった。「そんなことをしても何の得にもならないよね」と皆で言いあった。そんなことをしても接客能力なんて高まらないと思った。自分の名前が書かれたアンケートなんて、お客さんに頼めばいくらでも書いてもらえる。そこになんの意味も感じなかった。他店の人達もそう思っているようだった。毎月店ごとにアンケートの枚数を報告するのであったが、どこの店も同じような枚数。少ない枚数だった。その枚数を見ると、本気で取り組んでいるようには見えなかった。いつの間にかとりあえず報告しておくという惰性での仕事になっていった。
そんな中、社員が全員集まることがあった。そこで社長がいきなり表彰式をすると言いだした。何の表彰式だろうと思った。それは、お客様アンケートで一番投票数の多い社員の表彰式だった。その投票数は頑張れば誰でも取れるんじゃないか?と思うような数字だった。いかにみんながやる気を出してないのかが分かる数字だった。
その表彰式が終わった後、社長から辞令が出た。その社員に下された指令は一般社員から主任になるものだった。社長は言った。「わが社は、頑張る社員を評価します。頑張れば報われる会社です」と。さらにその社員に、金一封が渡された。後で聞いたのだがその金額は10万円だったらしい。
その時私は残念に思った。このことを最初から知っていれば、頑張った。やる気を出せば簡単に出来たことなのに。後悔先に立たずだ。上司が決めたことで納得できないことは多々ある。しかし部下が「それは間違ってます」とは言いにくいものだ。だから心の中でそう思ったまま惰性でその仕事を受け入れることがある。しかし、その惰性が原因でチャンスを失うこともあることを知った。