ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

暇な仕事では向上心を失わないように注意する

忙しすぎるのは嫌、暇すぎるのも嫌、しかしそんな贅沢を言ってられない時がある。勤め先の食品スーパーで。新店オープンの応援に呼ばれた。新店オープンはやる仕事が沢山ある。しかし大人数で応援に行くため、個人個人のやる仕事は分散される。私が担当したのは新規会員のカード受付だった。長机の前に一人で座り、会員になりたいお客様が来られた時だけ受付をする仕事だった。
普段忙しい店で仕事をしている私は喜んだ。なぜならこの仕事はとっても楽に思えたからだ。新店オープンだからお客様は多く来店される。しかし会員になりたいというお客様は時折しか来ない。その時折しか来ないお客様を長机の前に座り、ひたすら待つのが仕事だった。待っている間はとてものんびりできる仕事だった。そののんびりできることが私には嬉しかった。しかし、嬉しいのは最初だけだった。
退屈で頭がぼーっとしてきた。時折しかお客様が来ないからと言って、そこから動く訳にはいかない。まるで自分が置物になったような気持ちになった。「なにかすることはないですか?」聞いてみたら仕事をもらえた。チラシを折る仕事だった。しかしそのチラシも全部折ってしまった。あとは座ってるだけの時間が長く続いた。時間がとても長く感じた。私がここにいてる意味はあるのかと思った。
しかもこの応援は3日間あった。ほとんど体を動かしてないのに初日からとても疲れた。これは動かないことに対する精神的な疲れだと思った。二日目は私一人でなくもう一人の他店の社員と会員受付の仕事をすることになった。一人でも充分なのになぜ?と思ったのだが、新店オープンの大人数の応援でどの仕事も人手が充分に足りてるからだった。
しかし初日とは違い、話し相手がいるだけでも気が紛れた。お互いの仕事の情報を交換した。普段は他店の社員とゆっくり話す機会がなかっただけに、自分なりに得るものがあった。その中で最もためになったと思ったことは、彼の暇な仕事に向き合う時の心構えだった。
彼も私と同じで忙しすぎるのも、暇すぎるのも嫌というタイプだった。しかし、会社勤めでは暇すぎる仕事をするときもある。そこから動かずにじっと待つような仕事をする時がある。そんな時は向上心を失わないように注意しているそうだ。やることがないからと言って頭までぼーっとしてたら何の成長も出来ない。だからと言って今の受付の仕事は本を持ち込んだり、パソコンを持ち込んだりも出来ない。じゃあどうするんだと思った私に、彼は小さなメモを見せてくれた。会社で必要とされる資格の知識が書かれていた。まるでカンニングペーパーのようなものだった。
しかしいくら暇だと言ってもあからさまに勉強をすると白い目で見られる。だから頭の中で知識を高速で思いだすことによって知識を定着させるそうだ。休憩時間にテキストを読み、覚えるべきところをメモする。それを思い出すことで有意義な時間を過ごせるそうだ。3日目は彼のアドバイス通りやってみた。確かに暇でも自分を成長させることが出来ることを知った。

以前の職場に先輩風を吹かしに行くと寂しい人と思われる

 かつてお世話になった先輩との再会はとても嬉しいものである。会わないでいる期間が長ければ長いほどその気持ちは強くなる。
 しかし、どんなにかつて仕事が出来ると周囲が認めていた先輩であっても、以前の職場に顔を見せる時には注意した方がいい事があることを知った出来事がある。
 賃貸不動産の営業をしていた時の事だ。入社して1年ほど仕事を教えてくれた先輩がいた。その人はかなり営業成績が良く、私にとって一番の目標となる人だった。
しかし、友人の会社の立ち上げを手伝うと言う理由で退社をしてしまった。私は一番の目標を失いとても悲しい気持ちになった。
 先輩が辞めて半年が経つ頃、営業所に先輩が遊びに来てくれた。私たちの顔を見に来てくれたのだ。とても嬉しくなった。先輩を知っている従業員全員が「懐かしいなー」「元気だったか?」と喜びの声をあげて迎え入れた。
それから先輩は時折「そばに寄ったついでだから」と遊びに来るようになった。
そんな時にお客様が来店され私が営業をすることになった。久しぶりに先輩の目の前で営業をすることに大きなプレッシャーを感じた。先輩の目の前で格好悪いところは見せられないと心臓の鼓動が早くなった。
結局、私の営業は不発に終わり契約に至らなかった。それを見た先輩は久しぶりに私にアドバイスをしてくれた。「もっとここはこうすべきだ」と理にかなったアドバイスだった。さらに先輩は私の机の上が散らかっているのも良くないと言ってきた。
 机の上が散らかっているのは「仕事が出来なくなる理由の一つだ」と言われた。
その先輩が帰った後、上司が私に言った。「あいつは何様のつもりなんだ」と。上司にとっては辞めた人間が先輩として後輩にアドバイスをするのが気に入らなかったようだ。
 さらに上司は、「あいつを出入り禁止にしようかな?」と言ってきた。これに対して「それは酷いんじゃないですか?」と言うと「冗談だけど、それぐらい余計なお世話と思えることを彼はしているんだよ」と言われた。
 さらに、先輩の顔を見せに来る回数にも問題があった。週に1回ほどのペースで、しかも、長い時間世間話をして帰るようになっていた。このせいで周囲から「暇なのか?」「寂しい人なのか?」と言われるようになっていた。
 明らかにみんなの先輩に対する姿勢が変わってきているように思えた。最初、半年ぶりに遊びに来た時はみんなから「良く来たな」と大きく歓迎されていた先輩が、今はみんなから薄い反応しかされなくなっていた。さらに、「部外者なのになんでこんなに頻繁に来るんだ」と思われるようになっていた。
 せめてみんなから「懐かしいなー」と言ってもらえる期間我慢出来ないものなのか?先輩風を吹かさずにいられないのか?
そう思うととても残念に思った。

「何で私だけが注意される?」と不満をぶつけられるのは全体を見ていないからである

勤め先の食品スーパーで、新人パートさんの香水とネイルを注意した。その時は、「ハイ分かりました」と素直に返事をしてくれたパートさんだが、後になり私が注意したことに対して不満を持ったようだ。
パートさんに、「ちょっといいですか?」店の裏に呼ばれた。明らかに不満をもっているのであろう表情を見て緊張をした。そして、「何で私だけが注意されるんですか?」と聞いてきた。
この言葉に、腹が立ち、「ネイルと香水は社内規則で禁止をされています。それを注意するのは当たり前です」と言った。しかし、「他の先輩パート達も香水やネイルをしていますよ」と返された。そして口論になった。
私「あなただけに注意をしているのではないですよ。他の人にも注意はしていますよ」
パートさん「でも、改善されてないってことは注意出来てないってことですよね?」
私「見落とすこともあります」
パートさん「それって差別じゃないですか?見落とすってことは先輩には甘くて、新人である私には言いやすくて言っているのではないですか?」
私「別に言いたくて言っている訳じゃないですよ。普通は注意されたら『ハイ、分かりました』と言うべきでしょ?」
パートさん「注意されたことを怒っているのではありません。注意するのならみんなにして下さいと言っているのです」
私「みんなに注意はしますよ。でも、そのみんなの中にはあなたも入っているんですよ」
このような口論が終わり、なぜ注意した私が逆に怒られないといけないのかと考えるとパートさんの言葉が理不尽に思えてきて、とても腹が立って仕方がなくなった。
その気持ちを聞いてもらいたくなり2人の同僚に相談した。すると同僚の一人は、「あのパートさんは、考え方がとっても未熟ですね。社内規則で禁止されていることを注意した人を逆に責めるなんて酷い人ですよね」と私に同情してくれた。
しかし、もう一人の同僚は違った。「確かに『何で私だけが注意されるんですか?』と言う言葉を口に出すのは未熟な感じがするね。例えば、交通違反で捕まって警官に、『なぜ私だけ?』と言うのは通用しないもんね。でも、その言葉は言う方も問題だけど言わせてしまったことも問題だと思うよ。普段から他の人がルールを守っていて、そうでないのが彼女一人だけだったら、そんなことは言われなかったと思うからね。言われるのは言われる理由もあるんだと思うよ」と言われた。
 同僚に言われたことを良く考えてみると、確かに他のパートさんのネイルや香水を見落としていることもあった。ルールを徹底出来ていなかった。それが「何で私だけ?」と言う言葉に繋がったのだろう。不満をぶつけられるにはそれなりの理由があった。
それでも、「なんで私だけが?」の言葉を使ったパートさんに未熟なものを感じた。なぜなら私は職場では使わないからだ。今までの経験からその言葉が通用しないことは十分に理解しているからだ。
ということは、多くの人が黙って我慢していることだと思う。今回のように正直に気持ちをぶつけられることは少ない。しかし、それがあったからルールを徹底出来ていなかった自分の未熟さに気づくことが出来た。
「なんで私だけが?」の気持ちは口に出さない人がほとんどだ。面従腹背という言葉がある。表面では素直に聞き入れているように見せかけて、内心では反抗するという行為だ。口に出されなくても相手の心の中に、「何で私だけが?」を芽生えさせたら、面従腹背される。
人を指導する立場になった時は全体を見ることが大切だ。目についた相手だけを見て、その場限り指導になっていないか?十分に注意すべきことだ。