ありがとう熊さん

食品スーパーのおやじが、生き方について辛いことも楽しいことも含めて、心を込めて書かせてもらいました。

自分の嫌なところを素直に認めることは周囲に認めてもらえることの第一歩

昔、工事現場で職人をしていた時のことだ。
2年間、茄子(仮名)先輩と同じ現場で働くことになった。茄子先輩は誰もが認める、凄腕の職人だった。この人のようになりたいと思った。
しかし、職人の世界で、仕事を覚えるのは難しかった。見て盗めという空気があり、手とり足とり教えてくれる世界ではなかった。そんな中でも茄子さんは、色々な技術を教えてくれた。可愛がってもらえて、人間的にも成長出来た。
なぜ可愛がってもらえたのか?そのきっかけは一緒に飲みに行った時のことだ。
私は茄子さんに不満をぶつけた。
「僕はどうして職人として下っ端の仕事ばかりでもっと難しい仕事を任せてもらえないのですか?」
すると、「お前はプライドが高すぎるからだよ。自分で自分に壁を作ってるんだよ。大体お前、人から仕事のことで指摘されたら、すぐに嫌な顔をするだろ?自分は出来てると思ってる顔なんだよ。そう言う奴は嫌われるんだよ」
痛いところを突かれた。しかし私は「ハイ、そうですか」と素直に認めるほど人間が出来ていなかった。認めるのが嫌だった。そんな私の表情を見て、「だから女にもてないんじゃないか?」ときついことを言われた。
女性にもてないのは事実だった。どんどん酒を飲んで行った。飲まずにはいられなかった。勢いでぐいっと、もう一杯、もう一杯、この時から半分記憶をなくした。
これからは茄子さんから聞いた話になる。酔った勢いで、他の客にやたらと話しかけて困らせた。周りに迷惑がかかると思った茄子さんは私を、外に連れ出した。
2人で歩きながら酔いをさまそうと言うことになった。しばらくすると公園が見え、そこで休もうということになった。
「お前、そうとう酔ってるだろ?」茄子さんの問いかけに
「酔ってません」
「酔ってるよ」「
「酔ってません」
そして、私は鉄棒で逆上がりをしようとした。酔ってませんとアピールしたかったのだろう。しかし、酔っていた私はなかなか足が上に上がらずにジタバタした。
何度も、何度も「うおー」「くそー」「酔ってなんかないから」と呻きながら挑戦した。必死で顔を真っ赤にしながら、なんとか逆上がりを1回やってのけた。
その瞬間地面に倒れた「おい、大丈夫か?」かろうじて立ちあがった私は叫んだ。
「僕は死にましぇん。だって、もてないんだから。だから、僕は死にましぇん」
当時流行っていたテレビドラマのセリフを真似した。目から涙が出てきた。
「いや、違うお前はもてる」
「嘘つかないでください」
「嘘じゃない」
「どうやって信じろと言うんですか?」
茄子さんは俺に抱きついた。そして叫んだ
「俺はお前が好きだー」
次の日、茄子さんに言われた。「俺、今まで色んな若い奴見てきたけど、お前みたいな馬鹿は初めて見た。俺は一旦嫌いになった男を、二度と好きにならないけど、そのポリシーを見事に覆したのがお前だ。だから、お前は凄い」
その後、茄子さんは、私を可愛がってくれた。仕事で、他の人よりも多くのことを教えてくれた。
様々なことを学んで成長する時期は素直になったほうがいい。格好悪い自分を見せたくない気持ちは成長するチャンスを失う。自分一人の力で成長出来る部分はたかが知れているからだ。
未熟な自分を認める姿勢は大事だ。成長出来るチャンスが与えられるからだ。

はてなブロガーの僕がテレビ朝日のワイドスクランブルに出演したよ

もしかしたら、もう見てくれた人もいるかもしれない。

 

本日5月17日に、テレビ朝日の「大下容子ワイドスクランブル」に僕が出演をした。

 

しかし、僕はこの番組を見ることが出来ない。

 

マジか?

 

大下容子ワイドスクランブル」は午前と午後に2回やっているけれど

その午前の部に僕が出るんだけれど

 

関西ではテレビ朝日ではなくABCテレビでの放送で、しかも金曜日は午後の部しか放送されないみたい。

 

で、肝心の放送内容は、僕が以前勤めていた悪徳催眠商法の会社についてのインタビューが中心になっている。

 

インタビューをしていただいた方は、以前に催眠商法の店にいったことがあるようで、ある程度のことをしっていて、こういった店に騙されないために注意を促したいという思いで僕に取材をしてくれた。

 

で、そのことを先日朝日新聞の記事を書いてくれた記者さんに報告をすると、「これで被害にあう人が少なくなればいいですね」と言ってくれた。

 

これがきっかけで、少しでも世間の人たちが催眠商法の店に監視の目を光らせてもらえたらと思う。

 

僕が一番いいたいことは一つだけ

 

「興味本位でも近寄らないでください」ということ。

 

ほとんどの方は「自分は騙されない」と思っている。

 

しかし、催眠商法は一日で騙すのではなく、日にちをかけてじわりじわりと客の心の隙間に入り込み、断れなくするのだ。

 

1日では騙されない人も7日あれば騙されるってこと。

 

その手口の全貌はこの本に書きました。

 

手口が世間に知られることで、手口が通用しない世の中になってほしいという願いが込められています。

 

 

あやしい催眠商法 だましの全手口  身近な人を守るために知っておくべきこと

あやしい催眠商法 だましの全手口 身近な人を守るために知っておくべきこと

 

 

 

 

催眠商法の危険性を訴える記事が朝日新聞の1面トップに掲載されました

ついにこの時が来ました。

 

取材期間2か月以上

 

何度も記者の方と顔を合わし、電話で何度もやり取りをして、

 

悪徳催眠商法の店に一緒に潜入し、被害に遭われた方などの話も聞き

 

やっと朝日新聞に注意喚起の記事がのりました。

 

twitterで情報提供を呼びかけたとき、協力いただいた方にも

 

ここに御礼申し上げます。

 

f:id:robakuma:20190513103451j:plain

 

僕は悪徳催眠商法の元従業員で、その危険性を世間に訴えるべく

 

TwitterなどのSNSを活用させてもらっているけれど、毎日たくさんの「どこそこで催眠商法のお店が営業をしている」といった情報が入ってきます。

 

コンビニの跡地などを借りてお年寄りを集め、高額な健康食品を売りつける店です。

 

身近な住宅街で悪徳商法が行われているにも関わらず、入ってくる情報はとても少ないのです。

 

閉ざされた密室の中でどれほど、えげつない営業がされているのかは、この本に書ききりました。

 

催眠商法の全貌を知るのに最適な1冊です。

 

 

あやしい催眠商法 だましの全手口  身近な人を守るために知っておくべきこと

あやしい催眠商法 だましの全手口 身近な人を守るために知っておくべきこと

 

 

「自分は絶対に騙されない」

 

と誰もが思っています。私も含めて。

 

しかし、催眠用法はどのような人の心の中にもある欲を刺激し、人間心理の隙をついた手口で巧妙にお金をむしり取るのです。

 

被害に遭わないためには通わないことが一番です。

 

興味本位でも近寄らないことです。

 

本には、知らず知らずのうちに親が通っていて、何とかして通うのをやめさせたいという子供(中高年)に向けての対処法なども書いていますが、やはり被害にあうまえに危険を知ることが大事なのです。

 

そのために朝日新聞の方に、世間に注意喚起の記事を書いていただきました。

 

最初、この記事は地域版でいこうかという話でしたが、調べるうちに、これは広い範囲で世間の人に知っていただきたい内容だということで、新聞の1面トップにのせていただきました。

 

ついでに、私の写真も・・・ちょっぴり恥ずかしい。

 

夕刊での1面トップニュースで、夕刊の方がじっくりと読まれて注意喚起が出来るとのことです。

 

朝日新聞を取ってない方もいると思いますので、ネットの記事のリンクを貼っておきます。

 

www.asahi.com

 

僕は、もう足を洗いましたが、その後、友人の母親が2か月で170万円むしり取られたと聞きました。

 

私がいてた会社ではなく、他の有名な大手の催眠商法の会社です。

 

会場に足を運んでいる間は気持ちがよく楽しいと思いますが、大切な老後の資産をむしり取られるのです。

 

騙されるお年寄りがかわいそうです。

 

世間にもっとこの知られざる悪徳商法の危険性を訴えたい。

 

その気持ちに朝日新聞が応えてくれたこと。

 

本当にありがたく思います。

 

少しでも騙される人が少なくなりますように願います。